【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 「最近使いづらくなったな…」トイレのリフォームの目安は何年?

「最近使いづらくなったな…」トイレのリフォームの目安は何年?

≪ 前へ|住宅ローンの残債がある状態でマンション売却はできる?    記事一覧   リノベーション済みかどうかで変わる?中古マンション購入時の値引き交渉|次へ ≫

「最近使いづらくなったな…」トイレのリフォームの目安は何年?

皆さんは、今ご自宅にあるトイレについて、何か不便さを感じていませんか?

汚れが落ちにくい・臭いが気になる・便器の内側の掃除がしづらい…。

トイレに関する不便さは、多かれ少なかれ、皆さんお持ちだと思います。

そんな不便さを、リフォームで解決しませんか?


リフォーム トイレ


トイレの寿命は何年?


トイレの寿命は、実は部分的に異なります。

1番耐用年数が長いパーツがメインの便器で、陶器製の物ですと100年近く使えるように設計されている製品もあります。

一方、便座やタンク内の部品・パッキンなどのパーツは、10年や20年ほどで寿命が来る物が多いため、そのタイミングに合わせてリフォームすることがおすすめです。

 

とはいえ、「便器はまだ十分使えるのに、他の部品に合わせてリフォームをするなんてもったいないのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに、メインのパーツである便器がまだ壊れていないなら、それは残して他の部分を修理して引き続き使用することも可能です。

しかし、壊れていないから使えることと不便なく使えることは、必ずしもイコールとは限りません。

冒頭で挙げたように、壊れていないけど汚れが落ちにくくなっていたり、掃除をしても臭いが気になったりと、何かしら不便さを感じるようであれば、それがリフォームを行うタイミングなのです。


中古マンションを購入したらトイレの交換は必要?


先ほどは、今住んでいる自宅のトイレの交換時期についてお話をしましたが、中古マンションを購入する場合、トイレのリフォームはどうしたら良いのでしょうか。

 

中古マンションのリフォームというと、キッチンやバスルーム・独立洗面台など、見た目からリフォームしたことが判りやすい設備を交換するイメージを持つ方が多いでしょう。

一方、トイレは新品でも多少古くてもあまり見た目が変わらない製品が多いため、購入したタイミングでリフォームを検討される方はさほど多くいらっしゃいません。

ですが、購入した中古マンションが築1020年ほど経っていて、その間に1度もリフォームが行われていないのであれば、交換しても良いでしょう。


最近のトイレはすごい!


先ほど、トイレは見た目があまり変わらないと述べましたが、その分機能性は大幅に向上しています。

例えば、タンクレスタイプや自動洗浄機能付き、便座をリフトアップして隅々まで掃除ができるタイプなど、驚きの機能を備えたトイレが続々開発されているのです。

また、各メーカーとも節水面も考慮して作られているため、世帯人数が多いファミリーにはこれも嬉しいポイントではないでしょうか。

リフォームの際は、ぜひ各メーカーこだわりの性能を備えたトイレを比較検討してみてください。


リフォーム トイレ


まとめ


キッチンやバスルームなどと異なり、リフォームのタイミングが判りにくいトイレですが、今回ご紹介したケースに当てはまった時が交換時期です。

 

中古マンション購入のタイミングに合わせて、トイレを含む室内のリフォームを検討されている方はRENOLAZEにぜひご相談ください。

≪ 前へ|住宅ローンの残債がある状態でマンション売却はできる?    記事一覧   リノベーション済みかどうかで変わる?中古マンション購入時の値引き交渉|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ