東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーションとは違う?スケルトンリフォームとはどんな工法?

リノベーションとは違う?スケルトンリフォームとはどんな工法?

≪ 前へ|後悔しないリノベーション向き物件の3つの探し方   記事一覧   ニッチとは何?これを知っておくとおしゃれなリノベーションが叶う!|次へ ≫

リノベーションとは違う?スケルトンリフォームとはどんな工法?

既存の状態を変更し、より暮らしやすい住まいにするために行うリフォーム。

施工は部分的に行うこともありますが、家全体を改修し、大幅に変更するケースもあります。

もし大幅なリフォームを検討されるなら、スケルトンリフォームという選択肢はいかがでしょうか。


スケルトンリフォーム


スケルトンリフォームとはどんな工法?


スケルトンリフォームとは、現在ある内装や設備を一度全て取り払って何もない状態にする工法です。

 

関連記事:中古マンションの価値を上げるスケルトンリフォームのメリットとは

 

この工法は、室内を一旦リセットすることで、それまで抱えていた問題点を改善しやすくなるため、ご希望の住まいを実現するために有効な方法です。


スケルトンリフォームとリノベーションの違いは?


ところで、大幅に内装や設備を変更する工法としては、リノベーションを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

リノベーションには、『元の状態より価値の高い状態に変更すること』という意味があります。

また、施工範囲も広くなることが多いため、そういった点ではスケルトンと似ています。

 

そんな似ている2つの工法の大きな違いは、骨組みだけの状態まで戻すか否かということ。

スケルトンリフォームは、配管や配線の交換、間取りや水回り設備の変更などを行いやすくするため、骨組みだけの状態まで戻す必要があります。

一方リノベーションは、引き続き使用できる設備や配管・配線をそのまま残した状態で施工することができるため、必ずしも骨組みだけの状態にする必要がありません。

両者の違いに悩んだら、骨組みだけにする方法がスケルトン、部分的に残して改修できる方法がリノベーションと判断すると良いでしょう。


設計図


スケルトンリフォームを行う場合の相場と注意点


大掛かりな施工が必要となるスケルトンリフォームを行う場合、相場は6001,000万円となります。

配管や配線など、普段は見えない部分まで変更するスケルトンリフォームは、部分的に残すことができるリノベーションと比べると手間がかかるため、このくらいの相場となるのです。

 

そして施工に際しての注意点としては、リノベーション同様、共用部分にあたる箇所の変更はできないということ。

具体的には、共用廊下に面した玄関ドアの外側、窓の外側、ベランダなどで、これらの部分は変更NGとなります。

これについては、『家の中から見える部分=変更可能』『家の外から見える部分=変更不可』と覚えておくと、判断しやすいでしょう。


まとめ


大掛かりな施工を行い、目に見えない部分までしっかり改修することができるスケルトンリフォーム。

住まいを一度リセットしたいとお考えの方は、ぜひご検討ください。

スケルトンリフォームに関するご相談やご依頼は、RENOLAZEが承ります。

≪ 前へ|後悔しないリノベーション向き物件の3つの探し方   記事一覧   ニッチとは何?これを知っておくとおしゃれなリノベーションが叶う!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ