【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > スケルトン・インフィルとは何?知っておきたいマンションのリノベ用語

スケルトン・インフィルとは何?知っておきたいマンションのリノベ用語

≪ 前へ|リノベーションマンションのトレンドとは!タイプ別のリノベ―ションを紹介   記事一覧   家族が集うリビングのリノベーションは機能性のことも考えよう!|次へ ≫

スケルトン・インフィルとは何?知っておきたいマンションのリノベ用語

マンションを購入してリノベーションをしようと計画を立てている皆さん、施工事例や方法などについて調べていると、初めて見聞きするような難しい用語が多くて困っていませんか?

「これってどういう意味なの?」「これとそれはどう違うの?」と、悩む方は少なくありません。

今回はそんな専門用語の中から『スケルトン・インフィル』についてご紹介したいと思います。

 

スケルトン・インフィルとは


スケルトン・インフィルとはどういうもの?


スケルトン・インフィルとは、マンションのリノベーションに欠かせない箇所を指す言葉を組み合わせた専門用語です。

その箇所とは、スケルトンが柱や梁など建物を支える構造部分を、インフィルが内装や設備を指します。

つまりスケルトン・インフィルとは、この箇所のリノベーションをすることを意味しているのですが、実は色々なメリットがあるのです。

 

スケルトン・インフィルのメリットとは① 耐久性のアップ


通常のリノベーションやリフォームの場合、内装をきれいにしたり設備を交換したりできても、水道管などのパイプ類まで交換できないケースがあります。

そうすると、設備は新しいのに配管は古く、耐久性が落ちたままの状態が続きます。

ですがスケルトン・インフィルの場合、配管が基礎となる構造躯体と切り離されて設計されているため、リノベーションと同時に交換しやすく、耐久性を上げることができるのです。

 

スケルトン・インフィルのメリットとは② 間取りの変更のしやすさ


マンションのリノベーションの場合、建物の構造によっては間取りの変更が難しいケースがあります。

一方、スケルトン・インフィルは将来的に間取りの変更がしやすいように設計されているため、構造を壊すことなく希望の間取りに変更しやすいのです。

そのため、家族のライフスタイルが変化しても住み替えることなく、同じ家で永く暮らすことができますよ。

 

スケルトン・インフィルとは2


スケルトン・インフィルのメリットとは③ エコな家を実現できる


これまでの日本では、古くなった建物は取り壊して新しく造ることが一般的でした。

しかしそれは、取り壊す時に大量の廃棄物が出るため、環境に良くありませんでした。

そこでスケルトン・インフィルが登場したことで、古くなっても取り壊さずに必要な箇所だけ交換・修繕を行うことで、廃棄物を減らすことができるようになったのです。

 

まとめ


いかがでしょうか。

理想の間取りが叶えられ、適切なメンテナンスを行うことで廃棄物を減らし建物の耐久性もアップさせることができる、スケルトン・インフィル。

今後マンションのリノベーションを検討される方は、過去の記事も併せてぜひ参考にしてみてください。

リノベーションマンションをお探しの際は、RENOLAZEにお任せください

≪ 前へ|リノベーションマンションのトレンドとは!タイプ別のリノベ―ションを紹介   記事一覧   家族が集うリビングのリノベーションは機能性のことも考えよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ