【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > もうすぐ冬本番。窓の結露を防ぐために有効なリノベーションとは?

もうすぐ冬本番。窓の結露を防ぐために有効なリノベーションとは?

≪ 前へ|マンションを部分リノベーションするとどのくらいの費用がかかる?   記事一覧   間取りのリノベーションをするなら手軽なパーテーションはいかが?|次へ ≫

もうすぐ冬本番。窓の結露を防ぐために有効なリノベーションとは?

夏の暑さもすっかり和らぎ、肌寒さを感じる日も多くなりましたね。

これからますます寒さが厳しくなりますが、そうなると窓が結露する日も多くなります。

結露は住まいや人にとって悪影響を及ぼす原因となるため、発生すると小まめに拭き取ることが大切ですが、毎回行うのは面倒です。

それならば、結露が発生しにくいように、窓をリノベーションしてみませんか。


結露 窓


窓に結露が発生する理由とデメリット


結露は、室内と室外の温度差が大きい時に発生するものです。

そして冬は、エアコンや石油ストーブ・ヒーターなど、室内を暖かくするための機器を多く使用するため、外気との温度差が最も大きくなりやすい時季です。

 

そんな結露がもたらすデメリットは、ずばり『カビ』。

湿った水滴が壁や床に付着して湿気が溜まると、やがてその部分にカビが生えてしまいます。

一度発生したカビは、知らず知らずのうちに壁や床を腐らせ、内部の土台や基礎をだめにしてしまいます。

また、空気中に放出されたカビの胞子を吸い込んでしまうと、人体にも悪影響を及ぼしかねません。

このようなデメリットを防ぐためにも、窓の結露対策は大切なのです。


窓の結露対策のキーワードは『断熱』


先ほど、窓が結露しやすい理由として、室内と室外の温度差が大きいことが原因と挙げました。

この温度差を解消するための対策としては、断熱効果を高めることをおすすめします。

 

空気中に含まれる熱は、暖かいところから冷たいところへ移動する性質があります。

そのため、夏は暑い外からクーラーで冷えた涼しい室内へ熱が入り込み、反対に冬は暖かい部屋から寒い外へ熱が流れ出ます。

この熱を断つことが、結露対策として有効なのです。

 

そして窓の断熱効果を高める対策としては、内窓を取り付けるか、ペアガラスに切り替える方法があります。

どちらも窓を二重にすることで、ガラスとガラスの間にできた空気層が熱を吸収し、断熱効果を高めてくれますよ。


結露対策で窓をリノベーションする場合の注意点


嫌な結露を防ぐために有効な窓のリノベーションですが、マンションの場合は1つ注意点があります。

実は、マンションの各住戸の窓は、内側は専有部分にあたるためリノベーションが可能ですが、外側は共有部分となるため、施工方法によっては管理組合の許可が必要です。

そのため、後々トラブルとならないよう、施工前に必ず管理規約や組合にご確認しましょう。


結露 窓 リビング


まとめ


マンションは気密性が高い分、結露が発生しやすいですが、対策を行うことでカビ知らずで快適に暮らすことができますよ。

結露対策を目的とした窓のリノベーションに関するご相談は、RENOLAZEまでお気軽にお寄せください。

≪ 前へ|マンションを部分リノベーションするとどのくらいの費用がかかる?   記事一覧   間取りのリノベーションをするなら手軽なパーテーションはいかが?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ