東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 予約して宿泊できるゲストルーム付きのマンションとは

予約して宿泊できるゲストルーム付きのマンションとは

≪ 前へ|マンション購入の際に知っておきたい!12条点検とは何なのか   記事一覧   マンションの外観は購入する時の重要な条件の1つになりやすい|次へ ≫

予約して宿泊できるゲストルーム付きのマンションとは

ゲストルーム付き中古マンションの購入を考えている人は多いでしょう。

 

何となくかっこいいからという理由で、よく理解もせずに中古マンションを選ぶ条件にゲストルームを追加してしまうと、思っていたのと違ったという結果になり兼ねません。

 

今回は、ゲストルーム付きの中古マンションの購入を考えている方に向けてゲストルーム付きのマンションのメリットとは何かと、ゲストルームを使う時の注意点についてご紹介します。

 

マンションのゲストルームのメリットとは


ゲストルーム


マンションのゲストルームとは、入居者の知人が訪問した時にホテル感覚で宿泊することができる部屋のことを言います。

 

ゲストルームの管理費は、マンションの各部屋の管理費として徴収されているので、住人の負担を軽くするために大規模なマンションにゲストルームが設けられていることが多いです。

 

マンションのゲストルームを使う時は、前もって予約しなければいけません。

 

管理人に電話して予約するルールになっていることもあれば、インターネットで予約するルールになっていることもあります。

 

利用料は1泊につき、布団の貸し出しも含めると10,000円しないくらいです。

 

ゲストルーム付きマンションのメリットの1つ目は、ゲストルームが同じマンション内に設けられているので、知人をホテルまで送迎する必要がないということです。

 

2つ目は、知り合いが家に泊まりに来るからと掃除したり布団を用意したりする手間が省けることです。

 

宿泊は、ゲストルームにすればお互いに気を遣い続ける必要もなく楽です。

 

マンションのゲストルームに宿泊する時の注意点とは


ルール


マンションのゲストルームに宿泊する時の注意点の1つ目は、利用者はルールを守るということです。

 

ホテルと違い、アメニティーは自分で持ち込まないといけないし、ゴミが出た場合の片付けも自分でしなければいけません。

 

ホテル感覚で使ってしまうと、マンションの住人も不快な思いをする可能性もあるので注意しましょう。

 

注意点の2つ目は、キャンセルすることが早めに分かったらギリギリまで延ばさずに手続きを済ませることです。

 

大規模なマンションの場合、ゲストルームの予約をするのは一苦労で中には抽選のケースもあります。

 

当日になってからゲストルームがキャンセルされ空きが出てしまうと、他に使いたいと思っていた人にも迷惑をかけてしまいます。


まとめ


今回は、ゲストルーム付きのマンションを購入する際に参考になるメリットと注意点についてお伝えしました。

 

中古マンションを買う時は、知人がどれくらいの頻度で訪問してくるかなども考えて慎重にゲストルーム付きのマンションを選ぶとプラスになるのかを考えるといいでしょう。

 

RENOLAZEでは、東京・神奈川・埼玉の中古マンションにリフォーム・リノベーションを行ない、仲介手数料無料・半額で売買しております。

 

現在新しくマイホームをお探しの方や、今住んでいるマンションや一戸建てが古くなってきた方はぜひ一度RENOLAZEご相談下さい

≪ 前へ|マンション購入の際に知っておきたい!12条点検とは何なのか   記事一覧   マンションの外観は購入する時の重要な条件の1つになりやすい|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ