東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンション売却で赤字が出たらどうする?売却損をカバーする特例を解説

マンション売却で赤字が出たらどうする?売却損をカバーする特例を解説

≪ 前へ|マイホーム購入なら長期優良住宅がお得?認定制度についてご紹介!   記事一覧   敷地権とは?マンション売却における敷地権の注意点も解説|次へ ≫

マンション売却で赤字が出たらどうする?売却損をカバーする特例を解説

マンション売却で赤字が出たらどうする?売却損をカバーする特例を解説

不動産を手放すことを決めても、最終的に希望価格で売れるとは限りません。
これからマンションの売却を考えている方のなかには、「赤字になったらどうしよう」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、マンション売買に絞って売却損の意味や知っておきたい特例について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション売却で赤字を出す前に知っておきたい!「売却損」とは?

不動産売買について情報をリサーチしていると、「売却損」という用語を目にしたことがある方も多くいらっしゃるでしょう。
不動産を売却する場合は、売却損の意味について把握しておくことが大切です。
まず売却損とは、住宅や土地が購入したときよりも低い価格で売れることで発生する損失、つまり赤字のことを指します。
売るタイミングによっては不動産が建っているエリアの人気が上がっている可能性もあるため、購入時よりも高く売れるケースはまれにあります。
しかし、住宅は暮らし始めたタイミングから価値が少しずつ低下していくため、購入したときよりも高く売れるケースは少ないと考えておきましょう。
そのため、マンションを売却する際は「赤字を出さない」と意気込むのではなく、なるべく損失を減らす点を重要視するのがおすすめです。

マンション売却で赤字が出たときに利用できる特例とは?

マンションを手放して赤字が出たときは、節税対策をおこなって売却損を減らす方法がおすすめです。
売却損が出た際の節税対策で利用できるのは、「譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」の制度です。
確定申告で特例の利用を申請することによって、所得税や住民税が軽減されます。
この特例は、さらに2つのパターンに分かれます。
売却するタイミングによって特例の内容が変更されている可能性があるため、その都度最新の情報をチェックしましょう。

マイホームを買い換えて売却損が出たとき

「マイホームの買換えの場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」という制度で、マンションを売った後に別の不動産を購入して住むケースの売却損が対象です。
売るマンション、さらに買い換える新しい不動産それぞれに対して特例を利用するための要件が定められています。

マイホームを売って売却損が出たとき

買い換え時の要件を満たさない場合は、特定居住用財産(マイホーム)を売って売却損を出したケースに当てはまる、「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例」という制度があります。
親族以外に売ること、売る前日までに住宅ローンが一定額残っていることなど複数の要件を満たす必要があります。

まとめ

以上、マンション売買における売却損の意味や、赤字が出た際の知っておきたい特例について解説しました。
売却損とは購入価格よりも低い価格で売れることで発生する赤字で、多くの不動産売却で起こる事象です。
マンションを売るときは、一定の要件を満たすことによって売却損を減らすための特例を受けられます。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホーム購入なら長期優良住宅がお得?認定制度についてご紹介!   記事一覧   敷地権とは?マンション売却における敷地権の注意点も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ