東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーションでシューズクロークを設置する際のメリット・デメリットとは

リノベーションでシューズクロークを設置する際のメリット・デメリットとは

≪ 前へ|敷地権とは?マンション売却における敷地権の注意点も解説   記事一覧   ランドリールームとは?リノベーションで設置する際のポイントも解説|次へ ≫

リノベーションでシューズクロークを設置する際のメリット・デメリットとは

リノベーションでシューズクロークを設置する際のメリット・デメリットとは

シューズクロークは、通常の下駄箱・シューズボックスよりも空間を広く使えて使い勝手が良く、便利な設備の1つとして知られています。
一方、馴染みのない方も多く、シューズクロークとはいったいどんなものなのかと設置に悩む方も少なくありません。
今回は不動産の購入やリノベーションを検討されている方に向けて、シューズクロークの主な特徴や、設置することで得られるメリットと発生するデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リノベーションでシューズクロークを設置するメリットとは

シューズクロークとは、普段履く靴を収納するためのスペースのことです。
長靴やブーツなどの高さのある靴を収納できるタイプや、靴にくわえてアウトドア用品やスポーツ用品なども収納できるタイプなどもあります。
また、汚れやほこりがつき、室内には持ち込めないアイテムを玄関先に収納できるため、衛生面でも役に立つアイテムといえるでしょう。
シューズクロークのメリットとして、玄関をすっきり見せやすい、外で使用するものをまとめて収納できるといったものが挙げられます。
玄関は家の第一印象を決める重要な場所といわれています。
しかし、靴箱の収納スペースが足りないと靴を収納しきれず、スニーカーやパンプスなどが散乱してしまうことも少なくありません。
収納力の高いシューズクロークを設置すれば靴を出したままにせず、きれいに収納できます。
また、ゴルフバッグやアウトドアグッズ、ベビーカーといった外で使うものをまとめて収納できるのもうれしいポイントです。
外出時にも手軽に持ち出しやすく、ほこりや土などの汚れがついたものを家の中に持ち込まずに済むため、掃除の手間も省けます。

リノベーション前に知っておきたいシューズクロークのデメリットとは

シューズクロークのデメリットとして、湿気やにおいなどがこもる、定期的に整理する必要があるといったものが挙げられます。
とくに扉がある場合、においを気にして閉めたままにしておくとカビが発生するリスクが高まるため、湿気対策とこまめな換気が必要です。
また、収納のしやすさから使わないものまでしまい込み、整理に困ることも少なくありません。
シューズクロークを有効に活用できるよう、収納してあるものを定期的にチェックし、不要なものは処分しておきましょう。

まとめ

シューズクロークをうまく活用することで、広々とした使い勝手の良い玄関に変わります。
靴の数が多い、外で使うものを多数持っているなど、収納場所に困っている方におすすめの設備です。
また、リノベーションによって設置できる設備でもあるので、メリットとデメリットを考慮しつつ、設置するかどうかを決めましょう。
私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。
マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|敷地権とは?マンション売却における敷地権の注意点も解説   記事一覧   ランドリールームとは?リノベーションで設置する際のポイントも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ