東京の仲介手数料半額・無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 家を売却する際の仏壇の処分についてご紹介

家を売却する際の仏壇の処分についてご紹介

≪ 前へ|埋蔵文化財包蔵地の不動産売却についてご紹介   記事一覧   不動産の任意売却を親子間でおこなうことについてご紹介|次へ ≫

家を売却する際の仏壇の処分についてご紹介

家を売却する際の仏壇の処分についてご紹介

家を売却する理由は人それぞれですが、売却時に捨て方や運び方に困るものは多く見つかります。
そのひとつが、仏壇です。
そもそも処分していいのか、したい場合の方法や注意点はあるのか、気になる方は多いでしょう。
今回は、仏壇の処分方法や注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却する際の仏壇の処分方法について

仏壇を転居先に運ばないという選択をした際、普通の家具のように捨ててしまうのはバチが当たりそうで不安になります。
家を売却する際、仏壇や神棚は、魂抜きをしてもらってから処分するのが一般的です。
法事などでかかりつけでお世話になっている寺があれば、連絡して魂抜きをしてもらいましょう。
仏壇を設置するときに開眼してないという場合でも、お世話になった仏壇を供養するというのは重要です。
捨てるための供養とは考えず、今までの感謝の気持ちで最後まで供養をおこないましょう。
その後、木製の仏壇は、ほとんどの自治体で粗大ごみとして処分できます。
価格は低いですが、ごみに出したくないという方は神社で引き取ってもらいましょう。
神社でも引き取り費用を徴収しているので、先に価格の確認をすることが大切です。

家を売却する際の仏壇の処分に関する注意点について

先述したとおり、仏壇は供養をしてから処分するのが一般的です。
また、位牌は仏壇と一緒に処分する、または手元に置いておくという二択があります。
仏壇と一緒に粗大ごみとして回収してもらうか、神社に引き取ってもらいましょう。
位牌はコンパクトで持ち運ぶことも簡単なので、手元に置いておく方もいます。
さらに、魂抜きと呼ばれる供養には費用がかかることに注意しましょう。
場所によって価格帯はまちまちですが、魂抜きは1万円が相場です。
仏壇が大きかったり、重かったり、立派な場合は3万〜5万円支払うこともあります。
お寺で処分したい方にとって、費用が聞きにくく、値下げ交渉しにくいのが難点ですが失礼には当たらないので高額請求で困らないためにも事前に確認をおこないましょう。
また、お寺に自分で持ち込む必要があるのでその点も注意が必要です。
重量があるので1人で無理に運搬せず、数人で運んで怪我なく持ち込みましょう。

まとめ

家を売却する際の仏壇処分はさまざまな方法があります。
ごみとして出す前に丁寧に供養をおこないましょう。
お寺に持ち込む、または粗大ごみに出すことで処分が可能です。
費用もかかる処分になるので、価格を事前に聞いたり、比較したりして負荷のかからない処分方法を選ぶことが大切です。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|埋蔵文化財包蔵地の不動産売却についてご紹介   記事一覧   不動産の任意売却を親子間でおこなうことについてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ