【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションの天井の標準的高さは?天井高は暮らしにどれだけ影響する?

マンションの天井の標準的高さは?天井高は暮らしにどれだけ影響する?

≪ 前へ|豊島区の待機児童対策がすごい!日本初の取り組みも行っている!?   記事一覧   床リノベーションの張り替え方は2種類!そのメリット・デメリットは?|次へ ≫

マンションの天井の標準的高さは?天井高は暮らしにどれだけ影響する?

マンションを購入する際、設備や立地条件・周辺施設情報などを気にする方は多いですよね。

ですが、天井高まで気にされている方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか。

家の中にいても、日頃から天井を見上げることは少ないため、あまり気にしていないという方が多いと思います。

しかし天井高は、マンション購入後の暮らしに影響を与える可能性がある重要なポイントなのです。


マンションの天井高 標準的高さは?


標準的な天井高のマンション


天井の高さがどのくらい暮らしに影響を与えるのかをご紹介する前に、マンションの天井高の標準的高さを見てみましょう。

 

建築基準法では、マンションの天井高は210cm以上で造るように決められています。

ただ、実際は240cmくらいで造られていることが多く、中には250cmの天井高のマンションもあるそうです。

法律で決められた高さより少し高い天井のマンションが増えた理由としては、日本人の生活スタイルが畳の上で過ごす和から、テーブルと椅子に座る洋へと変わったことが挙げられます。

椅子に座るということは、畳の上に直接座るより高い位置で過ごすため、それに合わせて天井の標準的高さも変わっていったのです。


マンションの天井高 高い天井と低い天井のメリット・デメリット


天井高のメリット・デメリットに悩む人


私達の生活スタイルの変化に合わせて標準的高さが変わった、マンションの天井高。

では、天井が高い場合と低い場合のメリット・デメリットにはどんな点があるのでしょうか。

 

天井が高いことのメリット

 

・開放感がある

・シャンデリアのような吊り下げ型の照明器具がマッチしやすい

・天井高に合わせて窓が大きく造られている場合、室内の採光性がより高くなる

 

天井が高いことのデメリット

 

・空間が広い分、冷暖房の効率が悪くなる

・天井の照明器具の掃除や電球交換がしにくい

・天井高に合わせて窓が大きく造られている場合、既製サイズのカーテンでは合わず特注しなくてはいけないことがある

 

天井が低いことのメリット

 

・狭いところが好きな方は落ち着きやすい

・空間が狭い分、冷暖房の効率が良い

・照明器具の掃除や電球交換がしやすい

 

天井が低いことのデメリット

 

・圧迫感がある

・シャンデリアのような吊り下げ型の照明器具が取り付けられない

(取り付けると頭をぶつけやすくなる)

 

以上が、高い天井・低い天井のメリットとデメリットです。


まとめ


高い天井・低い天井それぞれにメリット・デメリットがあるように、マンションの天井高は一概に高ければ良い・低ければ悪いとは言えません。

ご自身が望む生活スタイルや配置する家具・家電、冷暖房の効率なども考慮した上で、適した天井高のマンションを選ぶことをおすすめします。

 

ご家族の暮らしに合う天井高がある中古マンション探しは、RENOLAZEまでお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|豊島区の待機児童対策がすごい!日本初の取り組みも行っている!?   記事一覧   床リノベーションの張り替え方は2種類!そのメリット・デメリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ