【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > トイレにアート?豊島区の街づくりを紹介

トイレにアート?豊島区の街づくりを紹介

≪ 前へ|オフィス街+都心の新たな住宅地として発展する西新宿の住みやすさ   記事一覧   世田谷区の子育てファミリーにおすすめ!子ども・子育て支援センター|次へ ≫

トイレにアート?豊島区の街づくりを紹介

豊島区では、としまパブリックトイレプロジェクトと題して、国際アート・カルチャー都市にふさわしい街づくりのため、公衆トイレの環境改善に努めています。

今回は、そのプロジェクトにおいての取り組みを紹介していきます。


トイレにアート?豊島区の街づくり:シンボルマークを策定


としまパブリックトイレプロジェクトのアート


「としまパブリックトイレプロジェクト」のプロジェクト名の頭文字「TPTP」をモチーフに、上から見た洋式トイレを表現したシンボルマークを策定しました。

フラッグにも見立てたデザインにすることで、「トイレはここにあるよ!」というお知らせの意味も含まれています。


トイレにアート?豊島区の街づくり:としまパブリックトイレマップ


豊島区内の公共施設や公園・公衆トイレ、コンビニエンスストアなど、トイレが利用できるところをまとめた「としまパブリックトイレマップ」を作成しています。

区北西部、東長崎駅・椎名町駅周辺、北池袋周辺、巣鴨・駒込、池袋駅周辺、大塚、区南部(目白・雑司が谷)と、エリアごとに見開きになっているので、非常に見やすいです。

マップでは鉄道路線や道路も網羅され、地図としての使い勝手も良好です。

豊島区のホームページから閲覧、ダウンロードできるのに加え、区役所、区立図書館などの公共施設で配布されています。


トイレにアート?豊島区の街づくり:トイレの大改修、特別清掃


豊島区の公衆トイレ


豊島区内の公共施設や公園・公衆トイレを20203月までにすべて洋式化し、きれいで清潔なものに全面改修しています。

また、通常清掃に加え、専門事業者による特別清掃を実施し「清潔品質」の向上を図ります。

これまで40年から50年の長期使用を前提としていた考え方を転換し、短期で建て替えることを想定して公衆トイレの仕様を見直していく予定です。

南池袋公園では、2016年春までに改修が完了し洋式化とウォッシュレットの設置に加え、化粧直しスペースの確保やベビーチェアの設置も行い、子どもから高齢者まで楽しめる行楽スポットとしての人気がさらに増しています。


トイレにアート?豊島区の街づくり:アートトイレ


古い、暗いというイメージを持たれている公衆トイレの印象を改善することを目的に、若手アーティストや地域の子どもたちが絵を描いたアートトイレを増やしています。

改修は続々と進んでおり、区内に約40箇所のアートトイレが作られる予定です。


まとめ


豊島区では、子どもや高齢者、障害者、外国人などすべての人にとって、住みやすく働きやすい街づくりを進めています。

としまパブリックトイレプロジェクトは、その一環です。

豊島区に住む場合はもちろん、仕事や旅行、ちょっとした用事で訪れる方みんなが恩恵を受けられます。

豊島区のマンション探しは、RENOLAZEまでぜひお問い合わせください
≪ 前へ|オフィス街+都心の新たな住宅地として発展する西新宿の住みやすさ   記事一覧   世田谷区の子育てファミリーにおすすめ!子ども・子育て支援センター|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ