【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションの住み替え、売り先行のメリットとデメリットは?

中古マンションの住み替え、売り先行のメリットとデメリットは?

≪ 前へ|中古マンション売却のときに関わる税金の話 どんな項目が課税される?   記事一覧   中古マンションを売却するならリノベーションは必要?不要?|次へ ≫

中古マンションの住み替え、売り先行のメリットとデメリットは?

中古マンションから引っ越しを考えている場合、ローンが残っていても引っ越しができる方法があります。

それが「住み替え」です。

「住み替え」には、今住んでいる家を先に売却する「売り先行」と、次に住む家を先に買う「買い先行」があります。

今回は「売り先行」について、メリットとデメリットを説明します。


売却

 

中古マンション住み替え・売り先行とは


売り先行とは、次の家が決まる前に今住んでいる家を売却することです。

中古マンションの住み替えの際、今住んでいる家がいくらで売れたかを基準に次に住む家の値段を決めることができます。

売れた値段によって、住み替えローン()で合算されるお金が少ない方が負担が少なくなるので、この方法で物件の売買をする人が多いようです。

※「住み替えローン」とは、ローンの残りを全部返済できなくても、残りの分を新しく住む家のローンと合算して支払いをすることが可能なローン形態。

売り先行が何かわかったところで、メリットとデメリットを順番に紹介します。

 

中古マンション住み替え・売り先行のメリット!


メリットは「焦らずに売却ができる点」です。

中古マンションがいくらで売れるかということは、素人目ではなかなかわかるものではありません。

場所や、築年数・家の状態など様々な状況を加味して、不動産業者に査定してもらわないといけません。

この方法の場合は新しく住む家が決まる前に、いくつかの業者で時間をかけて見積もってもらえるので、自分の納得のいく値段で売却できます。

自分の納得できる値段で売れば、中古マンションの住み替えの時に負担する金額が減るので、無理のないローンが組みやすいです。

 

中古マンション住み替え・売り先行のデメリット!


次に、中古マンションで住み替えをする時に、売り先行を行う場合のデメリットについて説明します。

デメリットは「次に住む物件が見つからないと、仮の住まいを探さないといけない点」です。

自分の納得できる金額で売却できたはいいけれど、肝心の次に住む物件が決まらないまま引き渡しの日になってしまうこともあります。

家がなければ生活はできませんので、当然仮の住まいが必要になります。

仮住まいをするとなると、仮の物件探し、仮の物件への引っ越し手続と並行して住み替え先の検討もしなければなりません。


考え

 

まとめ


今回は、中古マンションの住み替え時の「売り先行」のメリットとデメリットについて紹介しました。

引っ越しは、お金や体力が掛かる一大事です。

家族の負担がなるべくないように、上手に住み替えができるよう祈っております。

中古マンションの売却・住み替えのご相談は、RENOLAZEまでぜひお寄せください

≪ 前へ|中古マンション売却のときに関わる税金の話 どんな項目が課税される?   記事一覧   中古マンションを売却するならリノベーションは必要?不要?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ