東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?

限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?

≪ 前へ|不動産売却活動でオープンハウスをするとどんなメリットがあるの?   記事一覧   不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!|次へ ≫

限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?

限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?

限界マンションは、何年以上のものがそれにあたるのか、築年数の目安について気になる方もいるかもしれません。
また、売却方法が知りたい方もいるでしょう。
今回は、>限界マンションついてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

限界マンションの築年数の目安とは

現在あるマンションのなかには、だいぶ劣化が進んでいるように見えるものもあります。
限界マンションとは、維持管理がきちんとできていないような中古物件のことで、都会においてもこれが原因となる問題が多く見られます。
注意しておきたいのは、古いマンションのすべてがこれにあたるわけではないということです。
目安としては、築年数が40年くらいではありますが、修繕をおこなって管理が行き届いていれば、さらに築年数が経っていても、これには当たりません。
つまり、何年経ったら限界マンションになるといったはっきりとした定義はないということです。

限界マンションの売却方法とは

良い状態の物件であれば、高値で売買できることや、早く売却できることもあるでしょう。
しかしながら、限界マンションの場合はこれらを望めるケースはあまりありません。
そのため、売りたいと考えている方は、安値であったとしても売れる売却方法を検討するほうが良いと言えそうです。
売却方法の一つとしておすすめなのが、不動産会社に買取してもらう方法です。
この方法であれば、仲介で進めていくよりもスムーズにいく可能性もあります。
仲介の場合は、内覧前に修繕したりハウスクリーニングをおこなったりして、できるだけ良い状態にしておくことも必要です。

限界マンションにならないために防ぐ方法とは?

どんなに古くても、必要に応じて修繕が施されており、隅々まで管理がされているようなマンションであれば、限界マンションにはなりません。
ニーズも高いことでしょう。
しかし、傷み放題の物件には魅力を感じません。
限界マンションになるのを防ぐためにも、早めに将来どんなふうにしていきたいのか、話し合い計画を立てておくことも必要です。
こうすることで、余裕をもって資金集めをおこなったり、早め早めに対応したりできるからです。
古さや劣化が目立ってきてから考えるのではなく、まだ良い状態のときから物件の将来を考えることで、限界マンション化を防ぐためにきちんと管理することが大切です。

まとめ

限界マンションとは、修繕を含めた管理がきちんとおこなわれておらず、劣化が激しい中古のマンションのことです。
目安としては、築40年くらいですが、同じ築年数であっても、管理がしっかりされている物件であればこれにあてはまりません。
買取などの売却方法もありますので検討してみても良いでしょう。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。

≪ 前へ|不動産売却活動でオープンハウスをするとどんなメリットがあるの?   記事一覧   不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ