【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションを買いたくてもフルローンが利用出来ない!原因と対処法は?

マンションを買いたくてもフルローンが利用出来ない!原因と対処法は?

≪ 前へ|築15年の中古マンションを購入するメリットとデメリットとは?   記事一覧   今年こそカビとおさらばしたい!梅雨対策に効果的なリフォームって?|次へ ≫

マンションを買いたくてもフルローンが利用出来ない!原因と対処法は?

アベノミクスや日銀の金融緩和によって不動産バブルが続く昨今、不動産購入のハードルを下げる「フルローン」を検討される方も増えつつあります。

一昔前なら、物件価格の2割を頭金として用意するのがマイホームローンの常識でしたが、頭金なしで銀行に全額融資してもらうケースもあります。

さらには、登記費用・銀行手数料・不動産所得税といった諸費用さえも全額借入によって賄えるフルローン利用者もいるそう。

中古マンションの購入をご検討の方にとって、この商品が便利なのは言うまでもありません。

しかし、当然銀行の審査もシビアになるので、利用したくても利用出来ないという方もたくさんいらっしゃいます。

そこで今回は、フルローンが利用出来ない原因について、そして利用出来るようになるための対策についてご紹介いたします。

 

フルローンダメ


フルローンを利用出来ない原因


冒頭で述べたように、フルローンは頭金なしで全額を融資してもらうため、当然審査が厳しくなります。

住宅ローンの審査では、返済能力の有無が重視されます。

借入者の年収や年齢・勤務先・勤続年数、その他の借入状況とその返済額はいくらかといったことを調べられることとなります。

 

しかし、こうした基準をクリアしているように見えても、フルローンが組めない原因がもう一つあります。

それは、物件面で条件に満たないケースです。

中古マンションの場合、資産価値が低いと担保として機能しないことがあり、融資を断られます。

例えば、リノベーション済み物件は購入価格が当然上がるわけですが、それと同程度に担保価値が上がるとは限りません。

また、建築基準法の基準を満たしていないようなマンションも、当然銀行が判断する価値が下がります。

そういった状況から、担保価値と購入価格に差が生じてしまっていることがよく起こるのです。

融資額や返済期間に無理がないのに希望が通らない時は、「担保評価」を疑ってみましょう。

 

フルローンを利用するための対処方法


返済能力に問題があるなら、親や親族に頭金を融資してもらう、夫婦共同名義でローンを組んで年収を上げるなどの対策を取ることで、審査が通りやすくなります。

 

また、市場価格と銀行評価のギャップが大きな物件を探してみるという方法もいかがでしょうか。

担保価値よりも市場価格が下がっていそうな物件を選ぶことで、フルローンを利用できる可能性が高くります。

例えば、傷みが激しいマンションを探し、あとでリフォームする方法を取れば、銀行評価の方が市場価格より高い可能性があります。

そういった時フルローンを組むと、審査に通る場合があるのです。


フルローン検討する

 

まとめ


フルローンを組みたくても、銀行の審査に通らない原因と、その対処法についてご紹介いたしました。

中古マンション購入前には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

フルローンを利用できそうな中古マンションをお探しなら、RENOLAZEまでご相談ください

≪ 前へ|築15年の中古マンションを購入するメリットとデメリットとは?   記事一覧   今年こそカビとおさらばしたい!梅雨対策に効果的なリフォームって?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ