東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーションするなら検討したい「造作家具」とは

リノベーションするなら検討したい「造作家具」とは

≪ 前へ|リノベーションで固定資産税は変わるのか?変わらないのか?   記事一覧   マンションをリノベーションするなら「コア抜き」に要注意!|次へ ≫

リノベーションするなら検討したい「造作家具」とは

マイホームを欲しい!という方に、近年では新築マンションだけでなく、価格面で有利なことが多い、古い住宅をリノベーションした物件が人気になっています。

リノベーションされた住宅を購入する人も、古い住宅をリノベーションしようと考えている人も、ぜひ検討してほしいのが「造作家具」です。


造作家具とは何か?


リノベーションで取り付けた造作家具


聞きなれない方も多いかもしれませんが、「造作家具」とは、家に合わせて設計された家具のことです。

一般的に販売されている家具のようにサイズが決まっておらず、家のサイズに合わせて作る、いわばオーダーメイドの作り付け家具です。

 

造作家具の一番のメリットは、何といってもスペースを無駄なく使えること。

本棚などの収納家具も、壁の大きさに合わせて作ることができます。

大きさだけでなく色や装飾も、もちろんお好み次第です。

部屋のコーディネートを好きなように組みやすいのも、大きな利点と言えます。


リノベーション+造作家具で自分好みの空間を


こうした造作家具の特徴は、リノベーション物件の場合、さらに有利に発揮することができます。

建物自体も改修するわけですから、それに合わせて、色や形など建物と家具のトーンを揃えれば、統一感のある空間を作りやすいです。

キッチンカウンターと一体化したような食器棚やワインセラー、壁から壁へと渡るような棚や収納スペースなど、アイデア次第でさまざまな空間にできます。

 

リノベーションの場合、建物自体はあくまで元の建物を改修するわけですが、造作家具をうまく使うことで、まるで注文住宅のような空間にすることもできるのです。

リノベーションの場合、新築と違って建物がすでにある分、仕上がりも想像しやすいところがあります。

どのように使うか?どんなライフスタイルにするか?

「ここにはコレを置こう、コレをしまうためにここに収納スペースを作ろう!」

こんな想像を膨らませながら造作家具を設えていくことで、いろんな部分を便利にしたり、心地よい空間を作りやすくなるはずです。


費用を抑えるコツは一括見積り


リノベーション中の造作家具


このように自分好みの空間を作るのに便利な造作家具ですが、オーダーメイドかつ作り付けなので、費用はそれなりにかかってしまいます。

重要なこととしては、リノベーションをする前に、造作家具の見積りも一括して出しておくことです。

建物の改修も作り付けの家具も、同じ施工業者に頼めばリーズナブルになることが多いです。

両方込みの状態で、複数の業者から見積りをとって検討するようにしましょう。


まとめ


せっかくのマイホーム、できれば理想の空間にしたい。

リノベーション+造作家具は、その理想をリーズナブルに実現する有力な選択肢です。

ご説明したことを踏まえ、ぜひ納得のいくリノベーション計画を検討して下さい。

 

造作家具をリノベーションで取り付けたい方は、RENOLAZEにぜひご相談ください
≪ 前へ|リノベーションで固定資産税は変わるのか?変わらないのか?   記事一覧   マンションをリノベーションするなら「コア抜き」に要注意!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ