東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 消費税10%へ!中古マンション売却は増税にどう影響される?

消費税10%へ!中古マンション売却は増税にどう影響される?

≪ 前へ|再開発が進む四ツ谷駅の中古マンションを売却しませんか?   記事一覧   相鉄線直通計画 沿線の中古マンションの売り時は?|次へ ≫

消費税10%へ!中古マンション売却は増税にどう影響される?

201910月に、消費税は10%に引き上げられる予定です。

 

中古マンション売却を考えている方は、その影響が気になる出来事かもしれません。

 

そこで、実際にかかる消費税や売却のタイミングなどを、売主と買主の両目線からみていきましょう。


消費税増税とマンション売却のタイミングを考える人


マンション売却時にかかる消費税は?


マンションを売る時にかかる主な消費税は、仲介手数料や修繕費などの諸経費に対してのみで、実は大きな額にはなりません。

 

そもそも消費税は、事業主に課せられる税金だからです。

 

自宅である中古マンションを売却する場合、売主はあなた(個人)になりますので、消費税は発生しません。

 

つまり、修繕工事などがない限りは、仲介手数料に対してのみ違いが出る程度。

 

8%と10%での差は、一般的な中古マンション価格なら数万円ほどです。

 

以下の計算式を活用しましょう。

 

・仲介手数料(税込)(物件価格×3%+6万円)×税率(8%もしくは10)

 

増税額そのものに、過敏に反応する必要はないといえそうです。


増税はどこに影響を及ぼす?


では、中古マンションを売るとき、増税はどこに影響を及ぼすのでしょうか?

 

それは…買主の心理です!

 

売主と違って買主には、10%の引き上げ額は大きな負担となります。

 

家具家電購入費・引っ越し費用・仲介手数料など、細かい諸経費のトータルは、売主の比ではないからです。

 

このような背景から、買主は「増税前の物件購入がお得」という心理が働きやすくなり、消費税が10%になる前は、中古マンションの需要が上がると予想できるでしょう。


売却のタイミングは?


消費税増税とマンション売却のタイミングを見計らう


買主心理で考えると、物件の購入希望者は、消費税が10%になる前に増加すると予想できます。

 

その結果、中古マンション市場は活気を帯びますので、物件価格の値上がりも期待できるのです。

 

しかも、購入希望者が多ければ買い叩かれることは少なく、あなたの希望に沿う確率が高くなります。

 

価格の値上がり・スムーズな交渉・税制優遇措置の有無を合わせると、売却のタイミングは、増税前がやはりおすすめです。


まとめ


中古マンションを売る際、消費税率そのものが直接的な影響を及ぼすことは少ないですが、買い手には大きな影響を与えます。

 

消費税が10%に増税されるまで、残り約1年。

 

購入する側より負担が少ないとはいえ、売主としてもやるべきことはたくさんあるので、早めに行動を起こすことが後悔しない売却につながるでしょう。

 

売却の意思が決まっているのなら、そろそろ準備に取りかかりませんか?

 

不動産売却を考の方は、お気軽にRENOLAZEまでご相下さい
≪ 前へ|再開発が進む四ツ谷駅の中古マンションを売却しませんか?   記事一覧   相鉄線直通計画 沿線の中古マンションの売り時は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ